メインイメージ画像

太陽光を有効に利用することはとてもおすすめです

昔と比べて変わって来たことですが、最近、住宅を新築で建てるときに人気があるのが、太陽光発電のソーラーパネルを屋根に取り付けるケースです。以前から太陽光発電は存在していましたが、設置するのは広い敷地を保有している企業がほとんどでした。しかし近年、自宅の屋根にソーラーパネルを取り付けて自家発電し、自宅で使う電気をソーラーパネルで賄うというお宅も増えてきています。さらに余った電気は電力会社に売り、一定の単価で買い取ってもらえるので自宅の電気を賄うだけでなく、むしろ収入となります。

そういうメリットからも、新築で家を建てる際にソーラーパネルを導入する家庭が珍しくなくなりました。一見すると、とてもメリットのあるソーラーパネルでおすすめではありますが、デメリットの面もよく理解しておくことが必要です。

まずソーラーパネルを設置には、設置する広さで変わりますが、数百万単位でお金がかかります。毎月電力を賄い、その上電力会社に買い取ってもらえるとしても、設置費用の元が取れるまでに要する期間を一度計算してみましょう。

加えて、ソーラーパネルは設置後、放置しておいていいというものではないのです。定期的なメンテナンスが必須で、もし故障すれば修理費用もかかります。台風などでソーラーパネルが故障しないとも限らないのです。最近のソーラーパネルは購入時にそのような保証がついているときもありますが、そうしたリスクも考える必要があります。

そして終わりに、特に東北地方や雪国では冬は太陽が出る時間が短く、さらに雪が降るとソーラーパネルが故障する原因にもなります。そのため国内のどの地域でもパネルが適するわけではなく、特に南の地域を中心におすすめです。東北地方でソーラーパネル設置をしても、費用はかかるものの元がとれないということにもなりかねないので、住んでいる地域の特性を見極めることが必要です。

上記のようにメリットとデメリットとありますが、太陽光を有効に利用することはとてもいいことです。

更新情報